top of page

Thu, 28 Sept

|

Yachiyo City Public Gallery

視覚の摂取 Sight Ingested - Yachiyo City Public Gallery

メニュー フォリオ - 目を楽しませます: 30 人のアーティストが紙、印画紙、布地、ミクストメディアで制作した A4 版の作品を特集します。 芸術と食、芸術としての食、食としての芸術の豊かな歴史を踏まえた、栄養としての芸術、目と心の饗宴。

Registration is closed
See other events
視覚の摂取 Sight Ingested - Yachiyo City Public Gallery
視覚の摂取 Sight Ingested - Yachiyo City Public Gallery

Time & Location

28 Sept 2023, 14:30 – 15:00 GMT+9

Yachiyo City Public Gallery, Japan, 〒276-0028 Chiba, Yachiyo, Murakami, 2510 八千代市立中央図書館

About the event

摂取された視覚について

前提: 私たちは、さまざまなソーシャル メディア プラットフォームによって視覚的刺激が増え続ける時代に生きており、特に超加工食品の時代には、自分が摂取する食べ物について心配するように言われる時代に生きています。 。

Sight Ingested は、この現在の現実に対する批評と解毒剤の提案の両方として機能することを目指しています。Sight Ingested の前提は、芸術と食の豊かな歴史を踏まえ、芸術作品を栄養、目と魂の楽しみとして鑑賞/提示することです (アートとしての食、食としてのアート)。

意味: 視覚摂取 – 3 冊のメニュー フォリオ – 目の保養 – で構成され、30 人のアーティストが A4 版の紙の作品としてフィーチャーされます。

ABOUT SIGHT INGESTED

Premise: We live in an age of ever-increasing visual stimuli perpetuated by the doom-scrolling-dopamine-meme-saccharin-fixes propelled by the likes of various social media platforms, and we live in an age of where we are told to be concerned about the food we consume – especially in an age of ultra-processed food. Sight Ingested seeks to act as both a critique and a proposed antidote to this current reality.The premise for Sight Ingested is to view / present artworks as nourishment, a feast for the eyes and soul, drawing upon the rich history of art and food (food as art, art as food).

Means: Sight Ingested – will consist of three Menu folios – a feasts for the eyes - and will feature 30 artists as A4 edition works on paper.

Share this event

bottom of page